パナソニックエアコン 『無線アダプターの取り付け方』CF-TA9

はじめに

無線アダプターの据え付けは、誰にでもできるのか?

無線アダプターの据え付けは、エアコン据え付け工事ができる販売店、専門業者へご依頼ください。

ただし、2017年モデル WX / X / XS / UX シリーズ、2018年モデル VE シリーズは、お客様ご自身で据え付けいただけます。

このように、エアコンを分解している最中に壊してしまったり、分解したものの組み立てられなくなったりする場合があるため、エアコン工事ができる方に依頼することをおすすめします。

無線アダプターで出来ることと、必要なもの

スマートフォンでエアコンを遠隔操作する際に必要な機器で、外出先から運転オンとオフの切替と、切り忘れも確認できる。

無線ゲートウェイ(CF-TC7B)も合わせて使う必要がある。

専用のアプリケーション「パナソニックスマートアプリ」のダウンロードが必要である。

無線アダプター開封

エアコン本体を分解

DSC_0962

本体の据付と同時に作業する場合は、据付板にかける前に取り付けると安全かつ楽です。

今回は、すでにエアコンが据付してある状態での写真になります。

①まず初めに、電源プラグは必ず外しておきましょう。

電源を差したまま作業を進めていくと、感電する恐れがあります。

②次に、前面パネルを外します。

カチっとパネルが固定されるまで上にあげ、軽く力を入れて手前に引くと取れます。

取れないときは、写真の赤い線で四角く囲んだ所を確認してみてください。

構造がわかるので、引っ張る方向がより分かりやすくなると思います。

これは、パネルを取り付ける場合も同じです。

③下桟を外す。

赤い四角部分のことです。

赤丸の所に、ビスを隠しているキャップがあるので、手前に引いてキャップを外したあとにビスを取ります。

そして、斜め下の手前側に引っ張ることで下桟を外せます。

④前面グリルを外す。

まず、赤い四角部分の上下風向ルーバー(2枚)をゆっくり開ける。

次に、赤丸部分の左右にあるネジ(2本)をはずし、前面グリル下部を左右に開いてツメをはずし、前面グリルを上方向に回転させて外す。

外しにくい場合は、上方向に上がったらグイグイと上下左右に力を入れてみましょう。

⑤電源カバーを外す。
もう一度、電源が入っていないか確認しましょう。


白いテープを取って電源カバーを外す。

カバーは上下にある小さい突起に掛かっているだけなので、上の方を右側に引っ張ると簡単に取れます。

無線アダプター取付

制御基板が見えたら、「CN–NET」と書かれている所にコネクターを差し込む。コネクターのツメが手前に向く。

リード線をツメに引っかけて1巻させる。

電源カバーを取り付ける際は、コードがかみ込まないよう確実にセットします。

カバーがしっかり突起に掛かったか確認しましょう。

無線アダプター固定方法

分解した部品を取り付けていくわけですが、前面グリルを取り付ける前に、アダプターを固定します。

アダプターには取付金具が付いていて、前面グリルに挟むことができます。

写真では横につけていますが、下にも壁にもつけることができます。

電源コードとアダプターコードの取り合いによって、位置を決めましょう。 

余ったコードは、本体背面に収納します。

最後に、電源プラグを差し込み通電します。

アダプターの状態表示ランプ(緑)がゆっくり点滅したら問題ありません。5分後に消灯します。

いかがだったでしょうか?

少しでも取付に役立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA